映画「ノッティングヒルの恋人」あらすじ

女優のアナスコットは旅行の書籍を売っているロンドンのノッティングヒルの本屋を訪れる。本屋はもうかってはいないが、店主のバツイチの男性演じるウイリアムは女優がきたとめちゃくちゃてんぱります。ウイリアムはアナにジューズをかけてしまい、迷惑をかけて家が近いので服を乾かすために自宅に招いた。アナに飲み物を勧めてみたり気をつかうウイリアム。アナにキスされて夢のような興奮です。そしてまたアナから連絡があったとルームメイトのスパイクがいう。記者といつわり偽名も使い電話して部屋に入れた。自宅の妹のパーティーにアナを誘います。ウイリアムとアナはデートを重ねますが、ジェフの存在に落ち込みます。アナに別れを言って帰りました。マスコミに追われているアナをかくまいます。でもまたスパイクがもらし大変なことになります。怒ったアナはウイリアムの所から帰りました。またアナにあったウイリアム、アナからの告白されるが自分とは不釣り合いだし、と思い退散します。映画の撮影の時にインカムでウイリアムのことを聞かれて社交辞令のように関係者には本当のことを言わなかったのをウイリアムは聞いてしまい自分へ気持ちがないとアナの本心だと思い落ち込み退散します。でもウイリアムに会いに書店にきたアナに冷たくします。周りの友達から応援され記者会見でウイリアムはアナに告白して結婚会見になり、二人は結婚してお腹の大きくなったアナと公園でくろぎながら仲良く穏やかな時間を過ごします。

映画「ノッティングヒルの恋人」感想

すごく穏やかな大人の恋愛のコメディー的な部分もありスパイクの面白存在も大事です。このスパイクのお陰で恋愛が盛り上がるところもあるのでいろんな出来事が起こらなかったら二人は有名人と庶民で結婚は出来なかったかもです。そしてアナの庶民的な部分もとてもこの映画を盛り上げています。有名人の大変なゴシップやパパラッチに追いかけられるアナの心境は大変ですが、この有名なひととの恋愛を途中で苦しくなったウイリアムの気持ちもわかりますが、それよりも乗り越えられたのはアナへの愛だと思います。周りのアナへの気の使いかたが面白いですが、有名人といっしょになるという非現実的な感じも映画の面白さです。一人の人間としてどんだけ有名になっても1人の女性としてアナを見ていたウイリアムの人柄の良さがこの映画の魅力の一つで、年を重ねたバツイチの男の優しさや不器用さもすごく出ていて見ていてほっとします。大人の癒しのある作品です。音楽もすごくあっていてセットで素敵な相乗効果が生まれています。この音楽を聴くとノッティングヒルを見たくなります。