映画「傲慢と偏見」あらすじ

イギリスの田舎の物語で独身のピングリーがやってきた時から始まるが、ベネット家の4人姉妹の次女のエリザベスとビングリンの友達のダーシーの恋愛の行方です。ピングリーが来たので歓迎の舞踏会が開かれてその時にダーシーはエリザベスと目が合うが、人と接するのが苦手なのでうまくダンスも出来ない。ダーシーは人見知りのせいで誤解も多く生まれて偏見にも邪魔されてでも惹かれ合う二人が不器用すぎて、妹たちも色々と結婚を早くさせたい両親が色々と考える。牧師の男性を家に招き、エリザベスをというがエリザベスは絶対に嫌だと言い張る。お父さんは優しいので嫌がるならという。でも母親は結婚して家も楽にしたいのだ。4人も娘ばかりでお嫁にいかないと家の家計の経済状態もよくないのだ。姉の結婚もピングリーとの間でうまくいかず傷つく美人の姉。三女が変な男につかまり早く結婚する。その結婚した男はダーシーの嫌いな相手で悪いのはダーシーではないのに悪い噂をいう。それを信じたエリザベスはますますダーシーを嫌う。でもそれが本当ではなくとてもいい人間だったのがわかる。叔父と叔母を訪ねたエリザベスにダーシーと出会う。雨の日に君が好きだと告げるダーシーでもダーシーの本当の姿を分かっていないエリザベスは受け入れられず、逃げる。でもピングリーがベネット家に姉に求婚しにきてめでたく結ばれる。そしてエリザベスもダーシーが朝早くあさもやの中を馬車も使わず歩いてきてエリザベスに君を愛していると眠れなかった
と伝える、本当の心に気が付き結ばれるダーシーとエリザベスです。感動的な朝のシーンです。

映画「傲慢と偏見」感想

この作品は恋愛もので好きな作品の中で上位です。すごく昔のイギリスの貴族のお金持ちの恋愛と庶民に近い4人姉妹の結婚ででも次女が主人公です。エリザベスの少し気の強いところがこの作品の重要なポイントです。ダーシーの人柄の良さが好きです。がっちりしていて包容力もあってこんな旦那さんがいいなと本当にその当時初めて見た時思ったものです。この作品はことあるごとに見ています。何度見ても飽きないです。この作品が見たくてたまらなくなる時があります。それはダーシーとエリザベスが雨のなか濡れて話をするシーンがダーシーの少し強気にゆうのですが、愛しているので傷ついてしまう姿が愛らしくてこんなに大きな体なのに傷ついてしまう。愛した人に誤解されてしまう。でもそう思っているならしょうがないという感じで落ち込む。二人のやり取りが真剣で一生懸命で胸が苦しくなります。でも本当の二人の素直な気持ちが通じた時の朝の柔らかな光の中でのシーンは素晴らしいです。