映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」あらすじ

遠い昔、はるか彼方の銀河系で。
恐るべき銀河帝国の脅威が過ぎ去って30年後、辺境の地に逃げ延びた銀河帝国の生き残りたちは、密かに力を蓄え「ファースト・オーダー」という新しい組織を作り上げていました。ファースト・オーダーは徐々にその勢力を拡大し、銀河新共和国の新たな脅威となろうとしていました。
ファースト・オーダーの脅威に立ち向かうべく、旧反乱軍のリーダーだったレイア姫は「レジスタンス」という抵抗組織を立ち上げます。そしてファースト・オーダーに立ち向かうには、ジェダイの騎士最後の生き残りである、双子の兄のルーク・スカイウォーカーの存在が不可欠だと考えていました。しかしルークは、反乱具の英雄ハン・ソロとレイアの息子、カイロ・レンをジェダイとして育てるのに失敗して以来、その責任を感じて皆の前から姿を消していました。
ジェダイの騎士が自分たちの勢力拡大の大いなる妨げになると考えたのはファースト・オーダー側も同じで、ファースト・オーダーもルークの行方を探し始めます。ルークが最後に行くと言っていた最初のジェダイ聖堂の場所を示した地図を、ファースト・オーダーとレジスタンスが奪い合う形になり、結果として両者の戦いの火蓋が切って落とされます。
地図を追っていたレジスタンスのパイロット、ボー・ダメロンはファスト・オーダーに捕らえられますが、ファースト・オーダーの兵士だった男に助けられます。ファースト・オーダーが罪のない人々を惨殺する現場を見て、ボーと一緒に逃亡を始めたこの「自分の名前もわからない」男を、ボーは彼の認識番号を取って「フィン」と名付けます。
ダメロンは捕まる前に、地図のデータを自分の相棒であるドロイドBB-8に持たせて逃がしていました。砂の惑星ジャクーでジャンク漁りをして生きていた若い女性・レンは、BB-8を発見し共に行動することになります。そこへ乗っていた飛行艇がジャクーに墜落し、ボーとはぐれてしまったフィンが現れます。ファースト・オーダーの兵士もBB-8を追ってジャクーに来ており、レイとフィンは追っ手から逃げるため、砂漠に放置されていた「オンボロ船」に乗り込み発進します。
追っ手から逃れたレイとフィンでしたが、間もなく大きな貨物船に捕らわれてしまいます。ファースト・オーダーの船かと思ったその貨物船には、オンボロ船=ミレニアム・ファルコン号の持ち主だったハン・ソロが乗っていました。古くからの相棒チューバッカと共に、ソロは懐かしいファルコン号へ乗り込みます。
レイとフィンは、「反乱軍の伝説の英雄」ハン・ソロを目の前にして感激し、BB-8を反乱軍へ届ける手助けを依頼します。ソロは旧知の仲である、惑星タコダナの酒場の女主人マズ・カナタに助けを求めますが、マズはソロに「自分でやり遂げなさい」と告げます。密告によりタコダナにファースト・オーダーの軍隊が襲撃してきますが、颯爽と現れたレジスタンス軍がファースト・オーダーを蹴散らします。しかしレイは、ファースト・オーダー軍を率いるカイロ・レンにさらわれてしまいます。
レイからルークの地図のデータを聞きだそうとするカイロ・レンでしたが、レイが自分をも上回る強力な「フォースの力」の持ち主だと知り驚愕します。その頃フィンとソロは、レイを救出するため、ファースト・オーダーの巨大基地スター・キラーへ乗り込んで行くのでした。 

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」感想

エピソード1~3から成る「新3部作」の完結から10年後、製作が生みの親のジョージ・ルーカスからディズニー・プロダクションに移って製作を再会した、新しい3部作の1作目。ルーカスは新旧3部作の全6作でスター・ウォーズサーガは完結すると発表していたが、エピソード4~5のサーガ製作当初は「全部で9部作になる」という構想も発表しており、ディズニーが「幻の次なる3部作」の製作を始めたとも言える。ファースト・オーダーという銀河帝国に代わる新たな脅威を設定し、新しい主人公としてフォースの力を持つレイ、敵の兵士だったフィンが登場。そして旧3部作のファンにはたまらない、レイア姫やハン・ソロとの「再会」が話題になった。ストーリー上は、旧3部作の1作目「エピソード4」をなぞるような形になっていて、古くからのファンには嬉しい設定だが、その反面新鮮味に欠けるという指摘もあった。また、数十年振りにスクリーンでの再会を果たした旧3部作のヒーロー、ハン・ソロが最後に死亡するショッキングなシーンは、ファンに衝撃を与えた。